適度な距離感で苦手な看護師に対応

看護師の人間関係って?

気持ち良く働くために知っておきたいこと

苦手な人とは適度な距離感を

苦手な人とは適度な距離感を

人間関係を克服するノウハウ

できるだけ関わらないように

苦手な人との人間関係は克服するのに時間がかかってしまいます。ですので、はじめのうちはある程度距離を保った状態で接するようにしましょう。可能な限り接する機会を減らすことで精神的な負担も減りますし、無理して縮める必要もなくなります。最初のうちは距離を縮めようと無理をしてしまう人が多くいますが、それでは自分が精神的に疲れてしまいますので少しずつ縮めていくくらいの気持ちでいましょう。
また、この人とはどうしても合わないという人もいるかもしれません。その場合は無理せずお互いが不快にならない距離感でお付き合いしていくのも一つの手かもしれません。仕事に影響しないような程よい距離を考えましょう。またどうしても長い時間仕事を共にする場合もあるかと思います。その場合は無理に話さず、適度な距離でストレスのない関係を保ちましょう。無理をしないことで関係性にもメリハリがでますし、切り替えも上手くできるようになるはずです。

余計なことは干渉しないこと

苦手な人と自分の仕事のペースが中々合わなくてイライラすることもあるでしょう。相手に対して「こうして欲しいのに」といった不満が溜まる場合があります。そんな時は苦手な相手の事を意識しすぎるあまり過剰に干渉している場合があります。相手に対して不満が募れば募るほど干渉してしまいがちです。ですが相手にしつこく干渉してもいい部分が見えることはないどころか、悪いところばかり見えてきて気づけば愚痴ばかり言っていたりします。
これは苦手な相手を意識しすぎている人にありがちな傾向です。周りで愚痴ばかり言っている人がもしいれば参考にしてみると良いでしょう。苦手な相手のはずなのにその人のことを以外と詳しく知っていたりすることはないでしょうか。苦手な相手に対しては干渉せず、自分に対してや他にプラスになるようなことに対して興味を持つようにしましょう。前向きに興味を持てることを探せたり関心が持てるようになれば、自然と苦手な相手に対しても前向きな気持ちで対応できるようになるはずです。余計な部分は過剰に干渉せず、お互いにとって良い距離感で人間関係を築くことも大切です。
また反対に、相手から自分に対して干渉されたとしても無理に話す必要はありません。仕事で必要な会話にとどめておくくらいで良いでしょう。苦手意識を克服することも大切ですが、あえて距離を縮めずに近づきすぎないことも苦手な人との人間関係の改善にはおすすめの方法だと言えるでしょう。

SPECIAL